「東京都立大学大学情報研究会」は東京都立大学・首都大学東京で、「大学」をテーマに研究・出版活動を行っている学生サークルです。


by daijouken

トップページ

東京都立大学 大学情報研究会

公 式 ウ ェ ブ サ イ ト
a0126348_1763530.jpg
◎「大学」を研究するサークル
―活動―
学習会・冊子の制作
・学習会を通して、意見を交換・共有し、「大学」を研究します。
・首都大のみならず「大学」で起こっている事柄を報じ、論じる活動を行い、各会員の表現活動のきっかけとなる場を目指します。


◎連絡先:daijouken@yahoo.co.jp


▼ごあいさつ
皆様こんにちは。私たち大学情報研究会(大情研)は東京都立大学・首都大学東京で、「大学」をテーマに研究・出版活動を行っている学生サークルです。このサイトではサークル案内や活動報告、宣伝、出版ミニコミ誌バックナンバー掲載などを行っていきます。どうぞごゆっくりご覧ください。



▼カテゴリ案内
トップページ=現在ご覧のこのページです
活動と日常のご案内=大情研の活動と日常を詳しく紹介しています
入会のお誘い=大情研への入会のお誘いと方法案内です
企画案内=大情研主催の企画や、その他関係企画をご案内します
『大乱調』創刊号=大情研発行ミニコミ誌『大乱調』創刊号の一部を掲載しています
『大乱調』第2号=大情研発行ミニコミ誌『大乱調』第2号の一部を掲載しています
『大乱調』第3号=大情研発行ミニコミ誌『大乱調』第3号の一部を掲載しています
『大乱調』第4号=大情研発行ミニコミ誌『大乱調』第4号の一部を掲載しています
『大乱調』第5号=大情研発行ミニコミ誌『大乱調』第5号の表紙及び目次を掲載しています
『大乱調』第6号=大情研発行ミニコミ誌『大乱調』第6号の全部を掲載しています
特集『施設使用時間はこのままでいいのか』の一部を掲載しています
『暇と退屈』のサークル賛歌を掲載しています
………今後、どんどんカテゴリを追加していく予定です。




▼ブログ
「大学情報研究会ブログ」http://daijouken.seesaa.net/
大情研や各会員の「日常」「素の顔」「思うこと」を頻繁更新で伝えます。また、活動の報告や紹介などもあります。どうぞよろしく。




▼連絡先
当会や当サイトへのご意見やご質問、入会希望、その他ご連絡がありましたら、以下へお気軽にどうぞ。

所在・配送
〒192-0397
東京都八王子市南大沢1-1
東京都立大学・首都大学東京南大沢キャンパス
学生ホール313 大学情報研究会

メール
daijouken@yahoo.co.jp




▼上部団体
当会は、公立大学法人首都大学東京公認のサークル上部団体「首都大学東京文化部連合」に加盟しています。



▼更新
1
11年12月6日 特集 『課外活動施設はこのままでいいのか』
10年10月24日
『大乱調』第5号、6号のバックナンバーを追加。
5号はデータが散逸してしまってまして…記事はいずれ。
6号は全記事をアップしています!
それから、大学祭講演会のタテカン写真が届いたのでアップしました。
作ってくれた後輩達、ありがとう!上手いな。
10年10月19日
大学祭講演会のページをアップ。
今後さらに内容を充実させていきます。
10年10月18日
大学祭企画講演会についてトップページにアップ。
後日、詳細もアップします。
10年6月5日
ようやく『大乱調』4号バックナンバーアップ。
それから、企画案内をアップ!共催企画!
10年3月28日
「活動と日常のご案内」と「入会のお誘い」を更新しました。
ああ…『大乱調』4号バックナンバー、今月中に掲載間に合うかなぁ……。
10年3月9日
ブログへのリンクを貼りました。
また、トラックバックを受け付けるようにしました。
休み中には『大乱調』の第4号までのバックナンバー掲載をすすめて参ります。
10年2月8日
「『大乱調』第3号」カテゴリ追加 一部掲載記事をアップ
09年12月24日
トップページ、お知らせを更新、企画案内に簡易報告をアップ
09年10月27日
企画案内、ロゴ画像を更新しました
09年10月18日
「『大乱調』第2号」掲載記事の一部をアップ
09年10月16日
「企画案内」カテゴリ追加 大学祭講演会企画案内をアップしました
トップページでも大学祭講演会を大々的に打ち出しました
09年10月6日
「『大乱調』第2号」をカテゴリ追加 表紙・目次のみ 掲載記事はしばしお待ちを
09年10月4日
右欄にお知らせを追加し、大学祭講演会を簡易告知
09年9月23日
「『大乱調』創刊号」カテゴリ追加 掲載記事3本をアップ
09年9月9日
「入会のお誘い」を追加
09年8月30日
サイト開設。

[PR]
# by daijouken | 2013-04-13 18:46 | トップページ